社会福祉協議会は5つの活動原則にもとづいて、地域の特性を生かした活動を展開しています。

1 住民ニーズ基本の原則

調査等により、地域住民の要望、福祉課題等の把握に努め、住民のニーズ(要望)にもとづく活動を第一にすすめます。

2 住民活動主体の原則

住民の地域福祉への関心を高め、そこから生まれた自発的な参加による組織を基盤として活動をすすめます。

3 民間性の原則

民間組織らしく、開拓性・即応性・柔軟性を生かした活動をすすめます。


4 公私協動の原則

社会福祉、そして保健・医療、教育、労働等の行政機関や民間団体等の連携を図り、行政と住民組織との協動による活動をすすめます。

5 専門性の原則

住民の福祉活動の組織化、ニーズ把握調査、地域福祉活動の計画づくりなど、福祉の専門性を活かした活動をすすめます。


基山町社会福祉協議会組織図

理事(11名)…会長、副会長
監事(2名)
評議員(25名)